回路設計と基板設計は電子機器開発の中心

電子機器は次々と新しい機能が備わった製品が登場しており、電子機器開発に求められる事はコストを下げる、機能を増やす、小型化を行う、性能を向上させるなど、様々な要件が加わる事になります。

電子機器開発の中心は、こうした要件を決める回路設計や基板設計が中心であり、これらの設計は自社内で行うだけではなく、設計を専門に行う企業に委託するケースも増えています。回路設計は電子機器開発の中でコスト下げる効果、機能を増やすと同時に性能を向上させる要件を満たすための重要な工程です。

回路設計は電子回路を作る事で、小型化が要求される電子機器に欠かせないのがICなどの半導体です。ICは1つのチップの中に膨大な量の回路が内蔵してあるのが特徴で、ICを使う事で少ない外付けパーツを取り付けるだけで電子回路を構成する事が出来るようになります。

ICを複数組合わせて電子回路を設計する事で、パーツの数が少なくなるため、コストを下げる効果にも繋がりますし、ICにはそれぞれ異なる機能があるので、新しいICを導入する事で新たな機能を持つ電子機器開発にも繋がって来ます。電子回路は計算に基づいて作られるもので、実際の性能評価は基板を設計する、部品を実装して動作を確認する事で評価が可能になります。

何度かの試作を繰り返しながら、回路設計と基板設計を行い、一つの電子機器が誕生する事になります。委託をする事は委託会社が持つノウハウを利用出来るコストを下げるメリットにも繋がっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です