コモディティー化による電子機器開発の変化

電子機器の中でも、機能に差別化が困難で、その構成等もメーカー間の差が少なくなり、いわゆるコモディティー化された電子機器が増えています。これはデジタル化によってもたらされて現象です。

そんなコモディティー化された電子機器で、しかも大量生産の製品であるパソコンやスマートフォンや携帯電話では、その電子機器開発のあり方にまで変化をもたらしました。価格競争のみとなったコモディティー化された電子機器に対応して、日本の大手メーカーは、まず自社で電子機器開発を行う、それを自社の海外工場で生産していました。

しかし、自社海外工場での生産では販売状況により、経営的ロスが生じる事から、生産をEMSと言う受託生産の企業に移しました。台湾等の受託生産を行うEMSは各社の製品を生産すると共に、次第に技術力を付け、付加価値を高めるために、電子機器開発も受託する企業へと進化して行きました。

日本の大手メーカーは、生産委託から普及機に関しては、開発まで委託する事で一層のコスト削減を講じて来ました。商品企画とブランドは自社ですが、後はすべてEMSでの開発、生産に頼るOEM供給へと移行して行ったのです。これは、コスト削減を追及して繰り出した施策ですが、その先はなく、結局その分野から撤退せざるを得ない状況に追い込まれていったのです。

コモディティー化は、電子機器開発のあり方にまで変化をもたらし、世界の産業構造をも変化させたのです。まだまだ強い自動車産業においてEV化がこの轍を踏む結果とならぬ様、十分な戦略を持って臨む事が必要と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です