電子機器開発の同行について

半導体プロセスの進化が電子機器開発において非常に重要な役割を果たしていますが、特に最近ではムーアの法則によると、これまで半導体のMOSのゲートサイズが世代ごとに半分に縮小されて、同じ面積のなかに回路を倍に詰め込めるようになりました。

これにより、この半世紀ほどで、半導体の集積度が増すことで、自走基板上に多くのICチップを実装することができるようになりました。

半導体プロセスの進歩により、電子機器開発飛躍的に躍進してきているのですが、特に大きな進歩としてはスーパーコンピューターから、パーソナル向けのパソコンへの置き換わりがあります。

半世紀前には数十億円以上かけて作っていたコンピューターが、現在では数万円程度の値段で購入できるようになったのも、電子機器開発が進歩した影響になります。

また、半導体プロセスの小型化、高集積化による影響は、パーソナルコンピューターから、ノートパソコンへと進化を遂げ、現在ではスマートフォンやタブレットがパソコンよりも高性能なスペックを実装することも可能になってきました。

現在のスマートフォンのCPUでは、インターネットの閲覧など簡単な作業も高速に行えるだけでなく、3Dゲームなど演算処理が大きく、負荷の大きな作業でもストレスなく行えるようになってきました。

こうしたパソコンの進化、電子機器開発の進化により、最近では人工知能も搭載する機器も増えています。今後の注目産業の自動車産業においてもこうした電子機器が搭載されていくことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です