電子機器開発の大きな流れ

電子機器開発を行う上での大きな流れはどうなっているかというと、まずは企画構想を練るところから始まり、どのような商品を開発するのか、市場はどの程度の規模があるのか、そしてどのようなコンセプトで商品を開発していくのかを決めていきます。

大体の方向性が決まったら、競合他社はどれ位いるのかやライバルメーカーを調べ、また市場のニーズはどの程度あるのか等の市場調査を進めていき、商品として売れるようなものを企画し、実際にその商品の機能や性能を数値化して指標を出していきます。

どのような電子機器開発をするかを決めたら設計書を作成し、それに沿って商品を設計し全体のシステム構想を行っていき、商品の試作品を製作し、修正や変更を何度も繰り返しながら試作を繰り返していき、機能や性能を少しずつ高めていき、そして品質評価試験を繰り返し最終商品化モデルを完成させたらいよいよ製造です。

商品を量産する為に金型を設計し、金型が完成したら検査を行い、問題がある場合は修正や変更など見直しを行い、金型に問題が無ければそれによって商品を作っていきます。商品の量産をするにあたり、一定量の生産を行い量産試作品を組み立て問題が無いかを設計者が立ち会いながら品質チェックを行い、問題が無ければいよいよ本格的に商品を量産化していきます。

最後に量産品を組み立てチェックを行い問題がなければこれで終了です。これが電子機器開発から完成までの大きな流れです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です