交通事故の慰謝料とは

交通事故の慰謝料額の基準には大きく分けて、自賠責基準、任意保険基準、裁判基準の3つがあります。

交通事故の慰謝料は、入通院日数に応じて支払われます。
自賠責保険の場合は、重症でも軽症でも関係なく、金額は一律となっています。

口コミからエステを比較についての情報です。

任意保険基準は加害者側が主張するものであって、被害者側はこの基準を気にする必要はありません。


加害者が十分誠意ある対応をし、怪我もごく軽く、時間的余裕もなくて、交通事故関係のことは早く決着させたいという場合に、任意保険側が提示した金額の根拠を知る場合に見る、という程度のものです。

裁判基準は、東京、大阪、それ以外の地域でそれぞれ違います。



東京の基準が、より被害者寄りです。これは重症の場合と軽症の場合で、慰謝料の金額がかなり違います。



より、実態に即したリーズナブルな基準と言えるでしょう。
裁判やADRでは、この基準をもとに判断されます。

入通院日数と重症・軽症それぞれの一日当たりの額で決まりますが、これよりも増額される場合もあります。

それは、慰謝料増額事由に該当する場合です。
該当する場合でも、どのくらいの増額となるかはケースバイケースとなります。増額事由が複数ある場合、増額事由による被害者への損害が甚大である場合などは増額金額も多くなります。
そのため、被害者は、損害の程度を自分で明確に示す必要があります。

何も言わなくてもわかってくれるだろう、という姿勢は通用しません。

完全な第三者に理解されるような立証を、しなくてはなりません。